【賛否両論】ドラゴンズドグマ2 レビュー

2024年3月22日にカプコンから発売されたオープンワールドアクションRPG『ドラゴンズドグマ2』

国内外からの人気の高い『ドラゴンズドグマ』シリーズのナンバリング最新作ということもあって、発売前から大きな話題になっていました。

今回はそんな『ドラゴンズドグマ2』をプレイしてみて感じたことや人によって評価の分かれる点について紹介していきます。

カプコン
¥8,091 (2024/03/25 09:05時点 | Amazon調べ)

終末オープンワールドサバイバル!

ライフアフター


ライフアフター

ライフアフター

NetEase Games無料posted withアプリーチ

ダークファンタジーなターン制コレクションRPG 【PCゲーム】

Raid: Shadow Legends


\ 無料でアカウント登録後、ダウンロードでプレイ可能/


この記事で紹介しています↓

目次

『ドラゴンズドグマ2』のゲーム性

本作は王道の中世風ファンタジーの世界を舞台にした広大なマップを、戦闘やクエストを通して攻略していくオープンワールドアクションRPG。

プレイヤーは竜に戦いを挑む者である「覚者」(かくしゃ)となって、竜に奪われた心臓と失った記憶を取り戻す旅を描いたストーリー。

従者「ポーン」を携えて共に共闘していく戦闘システムが特徴的で、ポーンのなかにはプレイヤーの手助けになる(アイテム整理など)固有スキル・スペシャリティをもっていて、パーティ構成は自分次第。

ポーンは最大3人をパーティに加えることができ、基本的に1人プレイのゲームですがネットワークを通じて他のプレイヤーとポーンの貸し借りが可能になっています。

冒険を進めると覚者専用のジョブをはじめ、様々なジョブに転職が可能でジョブには、

  • ファイター
  • アーチャー
  • シーフ
  • メイジ
  • ウォリアー
  • ソーサラー
  • マジックアーチャー
  • 魔剣士
  • 幻術師
  • アリズン

があり、ジョブを極めて奥義を体得することで、ジョブマスターになることが可能です。

ポーンとの連携やジョブの相性が戦闘においてかなり重要になっていきます。

良かった点

広大なマップのオープンワールド要素

前作との大きな違いはなんといってもマップの広さ。

前作から約4倍ほど広さを誇るフィールドになっていて、マップ全体をフルに使ったクエストやエリアごとに違う自然や出現する敵を楽しめます。

オープンワールド要素がより強化されていて、ゲームとしてのボリューム感は大幅に上がっています。

料理シーンの映像クオリティがほぼ実写レベル

プレイしていて一番衝撃を受けたのは、キャンプ(野営)で見ることのできる料理シーンの映像のリアルさ。

これまでの作品とは一線を画す、匂いが漂ってきそうな質感とクオリティで空腹のときにプレイするのが恐ろしくなる飯テロ。

料理シーンのリアルさは細かいながらも、ゲームの評価に地味に大事な要素でもあるので、ゲーム本編に直接関わらない部分にも力を入れているところが◎。

ジョブが多くて色々な戦い方を楽しめる

ジョブが10種類あり、自分の好みや敵との戦闘・相性に合わせて転職・カスタマイズできるのが魅力。

ジョブを変えることで気分転換になるので、戦闘のマンネリ感を抑えられます。

また、ジョブを極めてジョブマスターを目指すのも目標として楽しめるので、ゲームをやり込みたい人にもおすすめの要素です。

人によって評価の分かれる点

マップの移動や体力ゲージの制限などの不便さ

本作の大きなマイナス要素は、ところどころに感じる不便さ

マップの移動には気軽に使えるファストトラベルはなく、牛舎での移動やアイテムを使用したワープが主になります。

ワープアイテム「戻りの礎」を戻りたいエリアに置いたあと「刹那の飛石」を使うことでワープ可能ですが、2度手間になったり、設置し忘れたりとかなり使いづらさを感じました。

他にも、敵の攻撃を被弾したり、ダメージを受けたりすることで蓄積する「ロスゲージ」で、体力の上限が制限されるので溜まってくるとかなりストレスになります。

宿屋やキャンプなので休むことで回復しますが、薬草などの普通の回復アイテムではリセットできないのは人によっては不満点かもしれません。

ところどころにある不便さを受け入れられるプレイヤーには楽しめるゲームだと思います。

キャラメイクのやり直しが課金制

キャラメイクをやり直す際に課金が発生する仕様なのは、長く遊ぶプレイヤーやキャラメイクを頻繁にしたい人にはかなりマイナス要素かもしれません。

キャラを一度決めたら別に変える必要のない人にとっては不満に思うことはないので、かなり人を選ぶシステム面になっています。

総評

『ドラゴンズドグマ』シリーズの正統的続編として注目を集めたオープンワールドアクションRPG。

ジョブのバリエーションの豊富さや料理シーンのクオリティの高さなど、細かなところや意外な部分に力が入っていて遊び心があって良かったです。

ところどころに感じる不便さがプレイヤーによって評価の分かれる部分ですが、不便さが気にならない人や久々にオープンワールドゲームを味わいたい人にはおすすめ。

PS5版

カプコン
¥7,600 (2024/03/25 11:01時点 | Amazon調べ)

PC版(Steamキー)

カプコン
¥8,990 (2024/03/25 11:03時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次