ミステリーが面白い!推理・探偵モノを題材にしたおすすめエロゲ 5選

エロゲ・美少女ゲームのなかにはミステリー・推理小説に劣らない謎が謎を呼ぶ本格的なミステリー作品が数々リリースされています。

探偵モノやファンタジー×推理などゲームによって作風も大きく違っていて、様々なアプローチの仕方のミステリー要素を新鮮に楽しめます。

そこで今回は推理や探偵モノなどを題材にしたミステリーな作風のエロゲのおすすめを5つに厳選して紹介していきます。

目次

殻ノ少女

2008年7月4日にInnocent Greyから発売されたアドベンチャーゲーム。

本作は探偵もののミステリーを題材にしたシリーズもので、

  • 殻ノ少女
  • 虚ノ少女
  • 天ノ少女

の3部作構成の第1作目。(読み方は全部「カラノショウジョ」)

ただ読み進めていくだけのアドベンチャーではなく、

  • 『探索パート』
  • 『捜査パート』
  • 『推理パート』

実際に画面をクリック/タップをして事件現場を捜査していくパートやプレイヤーが推理しながら選択していくパートがあり没入感は凄まじいです。

3部作どれもボリュームがあり、ストーリーのつながりがありつつも毛色の違う独自の世界観を味わえます。

エロゲのミステリー作品といえば『殻ノ少女』シリーズといっても過言でないほど、クオリティが高く代表的な作品なので未プレイの人には特にイチオシです。

DL版

この記事で紹介しています↓

シンソウノイズ〜受信探偵の事件簿〜

2016年12月22日にAzuriteから発売された作品で、萌えゲーアワード2016ゲームデザイン賞の受賞作

本作は人気メーカーのライアーソフトがシナリオを、シルキーズプラスがグラフィックを手掛けたコラボ作品。

大都会近郊のベッドタウンである静乃宮にある「静乃宮学園」を舞台に、他人の心象を受信する特殊な能力を持った主人公・橘 一真が「行動班」の個性的なメンバーたちと数々の事件を解決していくストーリー。

心の声が手掛かりとなる推理システムが特徴的で、プレイヤーが自分で事件を解明していく面白さが◎。

主人公の心象受信の特殊能力を上手く活かしたシナリオが他の作品にはない魅力で、学園モノや異能系の作品が好きな人に特におすすめ

DL版

時計仕掛けのレイライン

2012年7月27日にユニゾンシフト:ブロッサムから発売された作品で、公式のゲームジャンルは「昼と夜の学園ブレイクスルーADV」

時計塔の鐘の音と共に学園に夜の世界が現れる、昼と夜の世界がわかれる不思議な学園を舞台にしたミステリーなシナリオを描いた作品。

本作はシリーズもので、

  • 時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線- (2012)
  • 時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時- (2013)
  • 時計仕掛けのレイライン-朝霧に散る花- (2015)

の3部作構成のストーリー。

1作目『黄昏時の境界線』は、作品の舞台設定やキャラクターの個性・関係性を知るためのプロローグ的な位置づけ。

本格的にストーリーが展開される2作目『残影の夜が明ける時』以降からの怒涛の展開が最高に面白く、ラストまでぶっ通しで没頭しながら楽しめます。

張り巡らされた伏線の回収や物語の起伏がはっきりしているので、3作がきれいにまとまっていてストーリーの構築美を感じられる内容。

ファンタジー×ミステリーな作風が好きな人に特におすすめ。

DL版

さくらの雲*スカアレットの恋

2020年9月25日にきゃべつそふとから発売された作品で、公式のゲームジャンルは「100年の時を超えるミステリイADV」

大正時代の1920年にタイムスリップしてしまった主人公・風見司が、そこで出会う探偵業を営むイギリス人女性・所長とともに自分がタイムスリップした理由や現世に戻るための方法を探していくストーリー。

始めは身近にある小さな事件の解決をメインに進んでいき他のヒロインたちとの出会いを描いていて、徐々に事件のスケールが大きくなっていきます。

特に本作の肝である主人公がタイムスリップした意味を追求するシナリオ終盤は、プレイヤーの予想を超えたミステリーとSFが入り混じった衝撃的なラストになっています。

ギャグのようなちょっとしたシーンでさえ、ラストの物語につながる大きな伏線になっていて意外性を楽しめます。

2020年にリリースされたことを活かしたメッセージ性のあるシナリオなので、プレイするなら最後までクリア必至の作品です。

DL版

この記事で紹介しています↓

バタフライシーカー

2018年3月30日にシルキーズプラスA5和牛から発売されたクライム・サスペンスADVで、萌えゲーアワード2018「ミステリアス作品賞」受賞作

北国の都会「白織市」を舞台に、そこで巻き起こる凶悪犯罪を「学生捜査員」として活動する主人公・遠野圭介率いるメンバーたちと事件の解決を目指していくストーリー。

本作は特に心理捜査・犯罪心理を重視しているのが特徴で、被害者の特徴や犯人の意図を推理などプロファイリングを軸にしたミステリーを楽しめます。

事件の遠因となる日常の場面を幻視できる「バタフライ・シーカー」と言う能力を持った主人公の視点から、徐々に謎が解き明かされていく感覚が面白いのが魅力。

サスペンス強めのミステリーを楽しめるので、サスペンス好きの人にもおすすめの作品です。

DL版

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次