【PCゲーム】瀬戸口廉也がシナリオを手掛けたおすすめの名作エロゲ 4作品を一挙紹介

日本の小説家・シナリオライター「瀬戸口廉也」

アダルトゲーム『CARNIVAL』でシナリオライターとしてデビューをしてから、リアルな心理描写や人間模様、後味の残るエンディングなどの独自の作風がプレイヤーから評価されています。

「唐辺葉介」名義で過去に小説家としても活動していて数々の作品を生み出してきました。

今回はそんな瀬戸口廉也氏がシナリオを手掛けたアダルトゲーム4作品をリリース順に紹介していきます。

CARNIVAL

2004年5月14にS.M.Lから発売されたサイコ陵辱ノベルADVで、瀬戸口廉也氏のデビュー作

  • 第一部「CARNIVAL」編
  • 第二部「MONTE-CRISTO」編
  • 第三部「TRAUMEREI」編

の3章構成で、それぞれが別々のキャラクターを視点にしたストーリーが展開されていきます。

主人公の大胆な行動や狂気的な描写が魅力の作品で、暴力的でアウトローなシーンも多い刺激強めの内容。

作中には、『モンテ・クリスト伯』『金色夜叉』などの文学作品からのオマージュも取り入れられているので文学好きの人にもおすすめの作品です。

SWAN SONG

2005年7月29日にLe.Chocolat meets FlyingShineから発売されたビジュアルノベル。

大災害によって外部から隔絶された異常事態下での人々の心理や行動をリアルに描いたストーリーが魅力の作品。

臨場感のあるテキストや演出、UIが没入感があるので、シナリオに集中やすいシステム面になっています。

特定のキャラクター視点のストーリーではなく、それぞれの登場キャラクターからの視点を織り交ぜながら進行していく群像劇モノの要素が取り入れられています。

シナリオは短いながら、プレイヤーに読ませるようなクオリティの高い内容なのでサクッと名作を楽しみたい人におすすめ。

DL版

SWANSONG

3,080円


この記事で紹介しています↓

キラ☆キラ

2007年11月22日にOVERDRIVEから発売された青春恋愛ロックンロールノベル。

「バンド」「パンク・ロック」を題材とし、旅を通じて成長していくストーリーが描かれています。

タイトル通り、青春もののキラキラした爽やかさがありますが、それだけでは終わらない鬱展開、トラブルや軋轢などが凄まじいシナリオ終盤。

これまでの瀬戸口廉也シナリオにはなかった爽やかさと、これまで通りの陰鬱さや辛い現実を描いたシナリオを同時に味わえる作品になっています。

実在するライブハウスや楽器・機材が登場するので、音楽好き、特にバンドもの好きには共感できる部分もあり、ハマるような内容になっています。

ハッピーでもバッドでもない瀬戸口廉也シナリオのビターエンドが特に輝く作品です。

DL版

MUSICUS!

2019年12月20日にOVERDRIVEから発売されたロックンロールADVで、OVERDRIVEの最終作。

『キラ☆キラ』の続編ではなく後継作として瀬戸口廉也が話を持ちかけた経緯から実現した作品で、開発費用はクラウドファンディングで調達されました。

インディーズゲーム開発では異例の1億円を超える資金調達を達成し、ファンの念願叶ってリリースされた集大成な作品になっています。

本作は、より音楽との向き合い方について描かれていて、音楽に人生を賭けたキャラクター達の方向性や商業的な問題の葛藤や苦悩をリアルに描いています。

「創作」とは何かという、その意味や価値についてキャラクター同士の関係を通して、理解して表現していく成長過程が感動的なシナリオ。

『キラ☆キラ』とは似ているようで違ったアプローチのストーリーになっているので、どちらも違った感覚で楽しめます。

DL版

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA