マイナーで面白い!隠れた名作のエロゲ・美少女ゲーム 7選

これまでに笑えるギャグものや感動の泣きゲーなど数々の名作がリリースされてきました。

ただ同時期に発売された人気作や有名な作品の影に隠れてあまり知られていないマイナーな隠れた名作がたくさんあります。

今回はそんなおすすめの隠れた名作エロゲを7つに厳選して紹介していきます。

目次

カルタグラ 〜ツキ狂イノ病〜 

2005年4月28日にInnocent Greyから発売された作品で、公式のゲームジャンルは「和風サイコミステリィADV」

私立探偵の主人公・高城 秋五が立て続けに発生する凄惨な連続殺人事件と、ヒロイン・上月 和菜の失踪した姉を探して欲しいという依頼を達成するため、事件解決を目指していくストーリー。

本作は冬の時季の大正時代の和風レトロな世界観と、R-18要素を活かしたグロテスクで闇が深まるサスペンス・ミステリー要素が魅力。

真犯人が明かされるまでの複雑に絡み合う事件や、終盤の怒涛の展開が衝撃的で壮大なシナリオに一気に引き込まれます。

探偵モノのミステリー・サスペンス作品が好きな人に特におすすめ

DL版

この記事で紹介しています↓

Quartett!

2004年4月23日にLittlewitchから発売されたアドベンチャーゲーム。

「マグノリア音楽院」という音楽学校を舞台に、才能を見出されて学院に編入することになった主人公・フィルと、カルテットを組むことになる3人のヒロインたちとの日常と研鑽を描いたストーリー。

本作の最大の特徴は、FFDシステム(フローティング・フレーム・ディレクターシステム)

漫画のような感覚で読み進められる独特のシステムが最高に魅力的で、美しくて読み疲れしない快適なADVを味わえます。

エロゲのなかでもトップレベルに「音」にこだわりがある作品で、作中で流れるクラシック曲やBGMは最高級。

シナリオ自体は5~7時間ほどでクリアできるボリュームで、サクッと楽しみたい人にもおすすめ。

DL版

Quartett!

4,180円

この記事で紹介しています↓

群青の空を越えて

2005年9月30日にlightから発売された作品で、公式のゲームジャンルは「本格未来架空航空戦記ADV」

本作は「戦争」をテーマにした作品で、航空養成学校に通う戦闘用航空機のパイロットである主人公・萩野 社とその同僚や仲間たちとの自国での内戦を描いたストーリー。

戦闘に命を賭けた白熱のバトルや、死と隣り合わせのキャラクターたちの葛藤や死生観など考えさせられるシナリオが魅力の作品です。

戦闘機の描写や軍事用語の入り混じった会話が飛び交うかなりマニアックな内容で、少し人を選びますが刺さる人には最高の内容。

ミリタリー系の作品や戦記モノが好きな人に特におすすめ

DL版

果てしなく青い、この空の下で…。

2000年6月30日にTOPCATから発売されたアドベンチャーゲームで、略称は「果て青」

山に囲まれた田舎の村を舞台にした、1年後に廃校することを告げる生徒数6人の「安曇学園」のメンバーたちとの交流や、彼らに迫る陰謀と闇を描いたストーリー。

ほのぼのとした田舎が舞台の作品かと思いきや、村の言い伝えを題材にした伝奇やゾッとするホラー要素、鬱シナリオと刺激的な内容。

山に囲まれた田舎の逃げ場のない閉塞感が忠実に表現されていて、ストーリーにうまく活かされていてどのヒロインのルートもクオリティが高いです。

田舎を舞台にした差作品や伝奇ホラーものが好きな人に特におすすめ。

DL版

この記事で紹介しています↓

Forest

2004年2月13日にライアーソフトから発売されたアドベンチャーゲーム。

2004年の新宿を舞台にした、『不思議の国のアリス』などのイギリスの古典ファンタジー作品に影響を受けた異世界ファンタジーな作風が魅力の作品。

キャラクターたちのボイスがミュージカルのように掛け合いながら繰り広げられるシーンなど、演出面に特にこだわられていて今プレイしてもかなり斬新。

イマジネーションを詰め込んだような難解でバラエティ豊かな内容なので人を選びますが、独特な世界観に魅せられる人も多い作品です。

演劇が好きな人や考察しがいのある難解なシナリオが好きな人に特におすすめ。

DL版

Forest

2,933円

加奈~いもうと~

1999年6月25日にディーオーから発売されたアドベンチャーゲーム。

大学生の主人公・藤堂隆道と、腎臓病を患っている余命いくばくもない妹・加奈との触れ合いや闘病生活を描いたストーリー。

妹の死が近づくにつれて追い詰められる主人公の心情や、加奈の心の変化と成長を感じれる感動のシナリオが魅力

エンディング全てがメッセージ性のある考えさせるようなシナリオで、作中の「ボイスレコーダー」のシーンは涙必至。

死生観をテーマにした泣きゲーをプレイしたい人に特におすすめです。

DL版

この記事で紹介しています↓

FOLKLORE JAM

2003年10月24日にHERMITから発売された不条理系オカルティックAVG。

オカルト研究会に強制入会させられた主人公が、個性的メンバーの揃う「オカ研」での学園生活を過ごす日々を描いたストーリー。

ゲームパートは、

  • 『ADVパート(日常)』
  • 『SEARCHパート(探索)』
  • 『EXPLOREパート(探検)』

の3つから構成されていて、都市伝説などの情報を収集しオカ研部員を引き連れて調査へ向かいます。

『WHITE ALBUM2』『パルフェ』などで有名な丸戸史明氏がシナリオを担当していて、後に数々の名作の物語を生み出していく片鱗が見える作品。

ストーリーは各話完結の連続ドラマ仕立てで進行し、オカルト要素と恋愛要素がうまく混ざり合った内容なので、そういった系統の作品が好きな人におすすめ。

DL版

FOLKLORE JAM

2,933円

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次